カードローン会社選び

消費者金融や銀行など、さまざまな会社の取り扱っているカードローンが存在します。
そのような状況の中でカードローンを利用するに際しては、サービスの提供元である会社の特徴を理解した上で個人の特性に照合し、適切な判断を下すことが大切になります。

消費者金融でも銀行でも、カードローンでは現金を借り入れるという基本的なサービス内容に違いはありません。
しかし、それ以外の条件に於いて、消費者金融と銀行には一長一短があり、どちらが良いと一概には言いきれません。
そのため、それぞれの相違点を知った上で各人に合った方を選ぶことをおすすめします。

こちらでは、消費者金融・銀行という2種類の会社によって提供されているカードローンの違いを比較・検討します。
これからカードローンを利用しようと考えている人は、是非ともチェックしてみて下さい。

まず総量規制の対象となっている貸金業者から融資を受ける場合、限度額は年収の3分の1までと法律で定められています。
ちなみにこの法律の対象とされているのは消費者金融で、銀行は対象外となっています。
したがって、融資限度額という条件に於いては、銀行の方にアドバンテージがありますが、審査基準の厳格さという観点から見れば消費者金融の方が有利になります。

次に、金利というのはカードローンの返済時にかかる負担に影響を及ぼしてくる条件です。
カードローンの金利は消費者金融よりも銀行の方が断然低く設定されています。



<特別リンク>
インターネットやスマートフォンのアプリから申込が出来る銀行系のカードローンです →→ カードローン 銀行系